「サヒ カナ」なのか「シャヒ カナ」なのか。社長兼店長ラフマン氏に聞く

おすすめのグッズ/ミール&プレイス
チキンティッカマサラ

サヒカナ?シャヒカナ?

相模原の本格インド・バングラデシュ料理店「シャヒ カナ」。食べログでは、「サヒ カナ」となっているが、どちらが正しいのか。

運営会社の社長で店主も務めるラフマン氏に聞いてみた。

正しくは、「シャーヒー カナ」とのこと。ベンガル語で表記すると次のようになる。

শাহী খানা

Śāhī khānā  シャーヒー カナ

冒頭の文字 Ś は 「S」ではないが「S」で読めば、次の「ア」の長母音と合わせて「サー」となってしまう。「シャヒ」ではなく「サヒ」と読まれていたのは、英語表記の際に「Ś」を「S」としていたからであろう。したがって、「サヒ」と呼んでしまうとベンガル語としては意味をなさなくなる。

 

「シャーヒー」とは?「カナ」とは?

「シャーヒー」とは、royal  つまり「国王の、王室の」

「カナ」とは、food つまり「食事、食べ物」

いずれも、もともとはヒンディー語あるいはウルドゥー語である。

グーグル翻訳では、いずれの言語の翻訳も royal food となる。

ラフマン氏によれば、「シャーヒー」も「カナ」もベンガル語でも用いられる言葉。

二つ合わせて「(王様に出すような)丁寧な食事/料理」というが、名付け親でもあるラフマ―ン氏の説明。

カタカナ表記では、長母音がしばしば短母音で書かれるため、「シャヒ カナ」とするのが、正解のようだ。

 

「シャヒ カナ」へ行こう!

王様に出すような、手抜きなしの丁寧本格インドバングラデシュ料理が、格安の値段で提供されています。

アスカル・カリー・ダオ」とベンガル語で注文してくださったお客様に本日のカレー50円引きサービス続行中。

「シャヒ カナ」の王様丁寧インド・バングラデシュ料理。ぜひ一度ご堪能ください!

1月3日からは通常通り営業しています。相模原市立総合教育センター駐車場等店舗付近に市営駐車場あり(土日でも2時間無料)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました